• English
  • 中文

光熱水費の削減

「光熱水費の削減」の関連カテゴリ

  • リニューアル

※メニューをクリックするとカテゴリの一覧が表示されますこの機能の使い方

貴事業所のエネルギー診断をお手伝いいたします。

※まず、設備関連システムフローシート・機器リスト直近3年間のエネルギーデータをお預かりし、省エネ手法・オペレーションの概要ご提案・光熱費の削減規模を推測します。

事例紹介(A工場の場合)

1次エネルギーを13%・CO2排出を28%削減

  • 水冷式スクリュー冷凍機 422kW×2/693kW×1
  • 超温度成層型蓄熱槽 900m3【2,000USRT】

1次エネルギー削減効果

1次エネルギー13%削減

CO2削減効果

CO2排出28%削減


採用された超温度成層型蓄熱槽

ページの上部へ

事例紹介(B庁舎【延床面積96,000m2】の場合)

年間¥34,000,000の光熱費を削減

エネルギー使用量

エネルギー使用量16%削減

CO2排出量

CO2排出17%削減

光熱水費

光熱水費12%削減

主な省エネ手法・検証方法

No. 改修項目 内容
1 吸収式冷温水機更新 吸収式冷温水機(770USRT×2台)を高効率機器(770USRT×2台)へ変更する
2 吸収式冷温水機冷却水
ポンプインバーター制御
吸収式冷温水機の冷却ポンプの冷却水出口温度によるインバーター制御
3 吸収式冷温水機冷温水
ポンプの制御方法変更
吸収式冷温水機の冷温水ポンプの制御方法を変更する
4 吸収冷凍機冷水ポンプ変流量制御 吸収冷凍機の冷水ポンプ変流量の制御を行う
5 ターボ冷凍機冷却水冷水変流量制御および運転方式変更 ターボ冷凍機の冷却水・冷水を変流量制御とし、アイスチラーの代わりにターボ冷凍機を運転する
6 二次ポンプ台数制御設定値変更 冷温水二次ポンプおよび冷水二次ポンプの台数制御設定値を変更する
7 空調制御システムの更新 空調制御システムの更新により効率的な運用改善を行う
8 空調機外気導入制御 空調機の換気CO2濃度による外気導入制御を行う
9 空調機送風機変風量制御方式変更 空調機送風機の変流量制御方法の変更を行う
10 駐車場換気制御方式変更 CO濃度による換気ファン制御方法を行う。循環ファンは換気ファンと運動させる

ページの上部へ

事例紹介(C病院【延床面積25,000m2】の場合)

年間¥46,000,000の光熱費を削減

一次エネルギー換算

一次エネルギー25%減

CO2排出量

CO2排出39%減

光熱水費(原油換算)

光熱水費28%減

主な省エネルギー手法

項目 内容
ガスエンジンコージェネレーションシステムの導入 [検証内容]
発電量・ガス消費量・排熱利用量・消費電力を長期計測し、計画どおりの省エネルギー効果、経済性を達成いたします。
[検証管理点]
計測器を設置し、以下のポイントを計測します。
  • ガス流量・発電電力量・受電電力量・排熱温水量・排熱水温度(往・還)
  • 排熱ポンプ電力量・予熱槽側循環ポンプ電力量
インバーター照明器具・高輝度誘導灯 [改修前]
電灯分電盤にて一部回路をクランプ電力計にて電力を測定する。
[改修後]
同一分電盤の同一回路を測定し効果の確認を行う。これを各棟分電盤にて測定を行う。
熱源システムの省エネ検証方法 光熱水費および運転管理日報と月報の記録のうち、ガス消費量を施設管理者から定期的に受領する。予測された省エネルギー効果と実績値を定期的に比較検証を行う。
インバーター機器についての計測検証方法 インバーター取り付け機器には工事にて積算電力計を取り付ける。定期巡回ごとに運転時間の変更などを施設管理者に確認し記録する。読み取りデータと運転時間により、定常運転していた場合との電力消費量の差異を検証する。定常運転時の電力量はインバーター取り付け前の当該機器の電流値からの算出量とする。
節水効果の検証方法 節水予測計算による推測とする。施設管理者からESCOサービス事業開始以降の月別データを受領し効果を確認する。
井水上水化システム 井水の上水化量を測定し、現在の上水の削減量とする。システムの電力消費量は、電力計にて計測する。

お問い合わせ

こちらの技術内容及び工事・修理などのご相談は下記にて承ります。

カタログ一覧

一部のサービス・ソリューションに関するパンフレットがPDFでご覧になれます。

ページの上部へ