• English
  • 中文

ストラサーム®・I(過冷却方式ダイナミック型氷蓄熱システム)

「ストラサーム®・I(過冷却方式ダイナミック型氷蓄熱システム)」の関連カテゴリ

  • 独自・特殊技術
  • 病院・医療・老健施設向け
  • リニューアル
  • エネルギーソリューション

※メニューをクリックするとカテゴリの一覧が表示されますこの機能の使い方

氷の潜熱を利用した高密度な蓄熱システム

増大する冷房負荷に対して、電力の平準化や限られたスペースでの蓄熱量の増強が求められています。「ストラサーム®・I」は、氷の潜熱を利用することにより蓄熱量の増加を図ります。

氷蓄熱の一般的な特長

  • 氷の潜熱利用による高密度蓄熱が可能。
  • 水蓄熱に比べて蓄熱槽の小型化が可能。
  • 低温冷水が安定して取り出せる。

ストラサーム®・Iのシステム

  • 冷房負荷増大に対して、契約電力を増やすことなく対応が可能。
  • 夜間蓄熱運転により、夜間電力の使用割合が増え電力平準化(ピークカット)が可能。
  • リニューアル時の蓄熱量の増強には、既存の蓄熱槽を利用した対応も可能。

ストラサーム®・Iの特長

  • 設置に自由度がある
    現場築造型のため、製氷機,冷凍機,蓄熱槽の配置制約が少ない。
  • 安定した製氷運転
    独自過冷却解除器で安定して氷水スラリが生成できる。
  • リニューアルに最適
    冷房負荷増大による蓄熱量増強には、既設の水蓄熱槽を利用して、氷蓄熱槽への変換対応が可能。
  • 優れた解氷特性
    短時間に大容量かつ安定した低温冷水が取り出せるため、ピーク負荷時の電力利用量低減に有効。


システムフローの例

ストラサーム®・Iの事例紹介 

当社技術開発センターにて稼働中


放熱運転時の冷水取出し温度特性
(放熱条件:3時間ピークカット負荷対応、槽内撹拌
(かくはん)


蓄熱槽内部


過冷却解除器(氷核発生器)まわり


蓄熱槽まわり (地下蓄熱槽にも適用可能)

お問い合わせ

こちらの技術内容及び工事・修理などのご相談は下記にて承ります。

カタログ一覧

一部のサービス・ソリューションに関するパンフレットがPDFでご覧になれます。

ページの上部へ