• English
  • 中文

安全衛生の取り組み

労働安全衛生の基本的な考え方

当社は、人命尊重を基本理念とし、順法精神に則り、 建設業界における社会的責任を果たすため、「安全第一主義に徹した計画・施工」を実践し、 働く人の生命と健康を確保して、快適な職場環境の向上に努めています。

行動指針

  1. 1.重大・公衆災害の防止
  2. 2.快適な作業環境の形成
  3. 3.安全衛生管理水準の向上
  4. 4.海外関係会社の安全衛生管理能力の向上

安全衛生管理体制・活動

当社は人命尊重、順法精神を基本理念とした独自の「大気社労働安全衛生マネジメントシステム」を構築。
本社に安全本部、事業部に安全管理部門を置き、各支店・事業所の安全活動を支援しながら、統括管理を行っています。「安全衛生」マネジメントシステム管理の一例として、プロジェクトの作業開始前にラインの責任者(課長、現場所長、担当)と安全管理部門により『安全検討会』と称した、プロジェクトごとの安全衛生に特化した施工計画段階での確認検討会を開催し、施工に伴う災害リスクを共有、その低減対策を検討・立案する災害リスク管理を実施しています。また、社員の安全知識と安全意識の向上を図るため毎朝『安全朝メール』を配信し、社員の安全知識の啓蒙と毎日の安全作業に活かしています。
安全管理に関わる情報、改善技術、災害事例などは『社内安全ホームページ』に開示し、全社員が共有し活用できるようにしています。
作業所、店所、協力会社が一体となり各々の立場で施行現場の災害防止のための安全リスクの低減活動を行い、労働災害の防止に取り組んでいます。
当社の重点管理目標として『死亡・重大災害0件』を掲げ活動し、過去10年以上にわたり死亡・重大災害0件を継続しています。

安全活動成果の管理状況

当社では安全活動の効果を、労働災害の頻度を表す度数率と、災害の重さを表す強度率を安全指標として計測、監視しています。その推移は以下のようになっています。
集計範囲:当社施工現場(当社社員単体および協力会社)

海外拠点における労働安全衛生管理向上の取り組み

近年、各国の安全に対する要求の違いにより、拠点間の労働安全衛生管理水準に格差が目立ってきました。また、いくつかの国においては、現場作業員の多国籍化により、管理上の課題も出ています。
当社ではこのような課題の解決のために、海外の主要8拠点に「労働安全衛生マネジメントシステム(OHSMS)」を導入し、組織的な安全活動の維持改善を行っています。具体的には海外拠点のナショナルスタッフを日本に招集して定期的な安全教育を行い、安全管理技術を向上させています。また、本社による安全監査を実施し各海外拠点における安全衛生管理活動状況の確認および指導を行い、安全管理レベル維持、改善を行っています。

海外安全監査

各国において安全活動が自律的に高度なレベルで行われることが最重要との認識のもと、導入されている「労働安全衛生マネジメントシステム」運用が形骸化していないか、ナショナルスタッフの安全意識レベルは維持されているか等、内部監査では発見しづらい項目を本社安全本部で監査を実施し、安全管理レベルの向上を図っています。

ナショナルスタッフを招いての安全研修

各国の安全活動レベルを向上させるため、安全部門、工事部門メンバーを日本に集め各種教育・訓練を毎年実施しています。

【 海外拠点メンバー安全教育項目 】
①安全活動ガイダンス
②各国安全活動プレゼン
③グループ討議
④安全パトロール訓練
⑤危険体感訓練
⑥各種安全管理手法教育
⑦意見交換ミーティング 他

ページの上部へ